FC2ブログ
    2019
    06
    17

    鬼の引越し👹

    201906171457279e3.jpeg


    鬼の引越し。




    こんにちは。烏丸です。今日はノーマル日記です。

    さてタイトル。

    👹鬼の引越し。→ 「おにのひっこし」

    この題名で幼稚園年長の時、紙芝居を私は作り。

    なんだか知らないけど、当時の幼稚園の先生が、幼稚園時わたし作の紙芝居、「おにのひっこし」に

    異様に感動して
    たくさんの他の園児の前で発表しろと言われ
    したわけですが。



    内容はシンプルで(シンプルゆえに覚えている)

    ①どっかの一家が節分で豆まきをする。

    ②うちに居た鬼が一家の玄関から走って逃げていく。

    ③住む場所がなくなった鬼は、更地に不動産屋の看板たってるのを見つけ、

    その更地が売りに出されているのを知る。一坪いくらとかやたら具体的な看板ね。

    (当時私は開発中のベッドタウンで暮らしており、山を新しく切り崩してこうして売りに出されている土地や
    詳細書かれている看板はいたるところにあり。
    建売住宅はあんまなかった。)

    鬼は、おお、この土地良いじゃないか👹❗️と購入を看板見て決め

    ④豆まきで家を出され行くあてのない鬼は、そこに家を建て🏡

    ⑤新しく家族を作り、(家族全部鬼。子供は小鬼)👹👹👹👹👹🏡その家で幸せに暮らしました。

    完。

    深い、、深いよこの話。
    幼稚園年長だった私が作った話だけど, この紙芝居、案外大人向けだよ。

    この紙芝居に感動した先生は、どんな解釈したかは分からないが。

    私は東京に出てきて、、(その直前は京都である一家のお世話になり
    色々助けてもらい生きる気力を取り戻したのですが)

    SMクラブの女王をやったり
    他楽しくアングラな活動もしていましたが。

    やっぱ色々な人がいるし、訳ありっぽい人も集まるわけで。

    色々な事情から諸悪の根源とされ
    家を叩き出された人間、家を逃亡した人間、 その諸悪の根源の理由は

    ちょっと個性的だったり、性的少数派だったり、家系DNAからみると異質に見えるDNAを持っているように見えたり
    あと、家族に精神的に過度に依存されがちだったりね。

    (これが一番案外多いんじゃないかな。)
    世間的に見ると、(あくまで、第三者から見て)不幸な迫害受けてきたような人間に結構遭遇したわけで
    この不幸な迫害、というのは、

    周りが勝手に解釈して結果、そう見えるだけで
    迫害された側は別にそうとは思わず

    迫害側をいちいち恨んだり,悲観もいつまでもせず

    自分で新しく人生を、仲間も作り切り開いていく。

    そういう光景をみて、
    また、私も経験してきて

    大人になってからこの、幼稚園時代に自分が作った名作「おにのひっこし」
    を思い出すようになりました。



    たまに参拝。

    👹 鬼 王 神 社 👹







    ランキング参加してます! ぽっちりよろしくおねがいします!

    関連記事

    «  | HOME |  »

    MakeUp👠RED

    最新記事


    カウンター


    プロフィール


    カテゴリ


    月別アーカイブ


    ジャンルランキング


    FC2プロフ


    スポンサーリンク


    RSSリンクの表示


    @kyonkarasuma


    検索フォーム


    QRコード